エリシオンには地デジチューナーもフリップダウンモニターも必要だと思います!!

新型レクサスLSの年度内受注目標が2万2千台ってすごい数字だなぁ


値段が高くても価値の高い製品(クルマ)は売れるんですね


カーナビもいちばん安い機種が最も売れているかっていったら、決してそうではないもんなぁ


でもコンビニで売れ残ってるおにぎりはいつも昆布なんだよなぁ


昆布おにぎりを愛してやまないワタシにとってはいいことなんですけどね


それはともかくエリシオンへのフリップダウンモニター&地デジチューナー取り付け作業です




















イメージ 1

イメージ 2

ホンダ エリシオン










イメージ 3

DBA-RR1


平成17年登録のお車です










イメージ 4

フリップダウンモニターにはALPINEを選択


高画質、高品質で選ぶなら安心の国内メーカー品ですね











イメージ 5

エリシオンの室内ルーフ


まんなかで出っ張ってるのが後席用のエアコンコントロールパネル


モニターはこのパネルの前方よりにレイアウトします










イメージ 6

エリシオンには工場ライン装着のメーカーオプション(MOP)ナビが装備されています


このMOPナビはHDD仕様なのですが地上デジタルチューナーが内蔵されていません










イメージ 7

そこで今回地デジチューナーを設置


製品はデータシステムのHIT7700Ⅲを採用


こちらの機種には外部入力機能がありますので純正VTR端子をそのまま活かし、配線を隠して設置できるメリットがあります










イメージ 8

また別売オプションのステアリングリモコンアダプタを追加設置すれば、純正装備のステアリングスイッチで地デジの操作ができるのも強みですね










イメージ 9

こちらはフリップダウンモニター固定用の補強パネル










イメージ 10

ルーフライナーの一部をカット、オリジナルのパネルと金属ステーを組み合わせ、モニターのダイレクト設置を実現しています










イメージ 11

モニターの配線も地デジの配線も、内張りやコンソール内部を通して処理します










イメージ 12

イメージ 13

モニター設置、完了


今回もきれいにインストールできました










イメージ 14

イメージ 15

地デジチューナー設置作業も無事完了


地上デジタル放送を受信中の純正モニター画面です










イメージ 16

純正入力回路に地デジの外部入力を割り込ませましたので、VTR端子はそのまま残ります


もちろん使用も可能です










イメージ 17

地デジチューナーのチャンネル切り替え、ボリュームコントロールがこのスイッチでできるのは使い勝手よし


おすすめのオプションです










イメージ 18

フリップダウンモニターへの映像入力テストも実施しましょう









イメージ 19

イメージ 20

純正ナビのDVD画像を入力


やはり映りが違います


高輝度LED WVGA液晶の実力です










イメージ 21

エリシオンへのフリップダウンモニター&地デジチューナー設置作業、本日も無事に終了






後席がひろーいエリシオン、やっぱりフリップダウンモニターは必要です


そしてせっかくモニター付けたら地上デジタル放送も観たいですよね


そんなリクエストはぜひくるまの電機やさんまで


社外品は純正風に仕上げるのは、電装専門店のお仕事です(^_-)-☆





































公式フェイスブック
イメージ 22

  当ブログはfacebookにリンク中
  友達登録で新しい記事のアップをお知らせします
  facebookの「友達リクエスト」と「いいね!」をお待ちしております♪










浦和のテクニシャンと言えば…
くるまの電機の事ならおまかせを!!
  [自動車電装のプロショップ]
  株式会社  小國電機工業所


当店商品、取付作業はYahoo!オークションに出品中です