大宮 0-0 広島 ペットボトルはゴミ箱へ(笑) 

家の近所にサッカースタジアムがあるというのも考え物である


特に予定がなかったりする休日に、スタジアムで試合が組まれていると知ると居ても立って
もいられない


電車に乗ったり、高速に乗って出掛けなければいけない距離にあるスタジアムなら諦めもつ
くが、自転車でも歩いてでも行けてしまう範囲で試合か開催されていると、どんなカテゴリの
ゲームでも興味が湧いてきてしまう


特にそれが「J」であったりする場合には…










イメージ 1

そんな訳で昨日の日曜日、気が付くとNACKFIVEスタジアムにいました


20度を超す気温、青空、ほどよい風


絶好のサッカー観戦日和に、冷たいビールは良く似合います







この日のゲームは大宮対広島


何とかして最下位脱出を狙うアルディージャと、ACLの呪縛から開放され、調子を取り戻し
つつある9位サンフレッチェとのマッチアップです










イメージ 2

アウェイ広島のゴール裏


スタンド中央には、大宮の塚本選手を励ます横断幕が掲げられていました










イメージ 3

ホーム大宮のゴール裏










イメージ 4

当日券はアウェイ広島寄りのチケットしか入手できなかった為、サポーターエリアからは遠い席
での観戦になりました


といってもピッチは目の前ですけどね







NACKFIVEスタジアムは、いつも思いますが本当に見やすい


そして雰囲気がいい


まったり、のんびり


スチュワードの対応もフレンドリーだし、試合前のスタンドで選手がうろうろしていたりする


子供達や家族連れのお客さんが多く、相手チームへのブーイングもほとんど起こらない


試合内容や相手、状況によっては一変する事もあるのかも知れませんが、とってもイノセント
な印象を受けるのは、自分だけでしょうか










イメージ 5

そんなスタジアムの雰囲気を創り出す大宮のヴィジュアルサポートです


頑張ってます










イメージ 6

復帰したブラジル人FWラファエルを中心に広島ゴールを目指した大宮でしたが…


頑張れませんでした










イメージ 7

1万2千人を超えるサポーターが詰め掛けましたが、スコアレスドロー


勝利はお預けでしたが、勝ち点1をゲット


得失点差でなんとか最下位脱出です







サイド攻撃、堅い守備ブロックなど、大宮の特長は出せた試合でしたが、やはり決定力が
足りなかった


ラファエル、マトの長身選手を擁し、セットプレーのチャンスも度々掴んでいましたが、
攻め切れませんでした


前半の攻め込んだ時間帯に、枠を捉えたシュートすら満足に撃てなかったのが痛かった





広島も広島で、得意の華麗なパスワークを駆使したポゼッションサッカーが停滞気味


試合を通した走力は、Jでも屈指のはずなのに、走れていない


セカンドも拾えない


バイタルエリアに人数が足らず、寿人と中盤の距離が離れすぎている感じがしました


大宮のDFが最終ラインをうまくコントロールしていた事もあり、裏への飛び出しで寿人が
決定機を作るシーンは最後まで見られず、広島としても試合内容的にはやや消化不良か


右サイドハーフの山岸も、千葉時代の輝きが無くなっていて並の選手になっていた


もっと縦への突破も、真ん中への切り込みもメリハリを付けて走りこんでくるイメージがあ
ったのに、ちょっと寂しい気分にもなりました


むしろ守備を放棄し、果敢に責め上がってくる槙野が怖かった


なんかやらかしそうな雰囲気のある選手は怖いものです


顔も怖いし(笑)





そんな広島にも勝てない大宮



「だから最下位争いに巻き込まれちゃうんだろうな~」との言葉が出そうになりましたが、あわてて
口を塞ぎました



よそ者がとやかく言う事じゃないですからね(^_^メ)










c="https://ogunidenki.co.jp/wp-content/uploads/2020/07/blog_import_5f05517c85a26.jpg" alt="イメージ 8" class="popup_img_480_360 PhotoSwipeImage" height="360" width="480" data-entry-id="12490407836" data-image-id="14492251753" data-image-order="8">

残念な試合結果にも、かわらずのどかなムードのNACKFIVE







浦和は土曜日、仙台に乗り込んでのアウェイゲームで引き分けて、一部サポーターが暴走


ピッチへのペットボトルの投げ入れ、椅子の破壊、選手バスの取り囲み


なんて懐かしい、いや嘆かわしい


まだそんな事やってんのか




武蔵浦和の居酒屋でテレビ中継を見ておりましたが、そんなに荒れるような試合内容では決して
無かったと思います



ペットボトルが誰かに当たれば傷害罪、椅子を壊せば器物破損、バスを囲めば、…なに罪かな




そんな殺伐とか、真剣勝負を通り越した物事は、サッカースタジアムに持ち込み禁止です


緊張感のあるフェアで激しいゲームこそ、サポーターを熱くさせ、スタジアムの雰囲気を作り上げ
るもの


試合後の、どこまでものどかなNACKで、そんなことを考えておりました



















まぁ、警備員の制止を振り切って、駒場のスタンドからピッチに飛び降りていた誰かさんが言う事
じゃないかも知れませんがね^^;


シミスポさん、その節はご迷惑をお掛け致しました<(_ _)>


反省しております


今では他人の残したゴミまで拾ってから帰っていますので、勘弁して下さいまし(^_^メ)





















浦和のテクニシャンと言えば…
くるまの電機の事ならおまかせを!!
  [自動車電装のプロショップ]
  株式会社  小國電機工業所
当店商品、取付作業はYahoo!オークションに出品中です